足すのをやめて、引いてみよう

「体の不調は栄養が足りないから、サプリメントやドリンクを飲め」や「腰痛にはこの商品がいいですよ」など多くの健康情報にあふれてます。
情報があればあるほど、迷い、分からなくなる。
不安になり、足りないと思い、足す。
足しても調子が悪いから、更に足す。
足しても足しても足りない。

足すのをやめて引いてみよう。

現代社会の体の不調は少ないからではなく、多いからだと思います。
便利さと共に必要以上のもの、そして、必要のないものがあふれるようになりました。
『何が足りない』から、『何を引けばよいのか』に考え方を変えてみてください。

引いていってシンプルになれば、心も体も楽になり、自然と体の調子は良くなっていきます。

何を引くかは人によってさまざまです。
例えば、ストレス、薬、食品添加物、身の回りの化学合成物質、サプリメント、たばこ、お酒、
環境、生活習慣、仕事、人間関係など。

シンプルに楽に生きるお手伝いをさせてもらいたいと思います。